白髪染のカラートリートメントで半永久染毛剤とは?

白髪染めに際して永久か半永久かといった毛染力の強さを気にする人がいますが、永久染毛剤とされる白髪染めでも2か月もすると色落ちします。

髪や頭皮への影響を考えてどちらを選択するか考えましょう。

■髪や頭皮へのダメージが少ないのでおすすめ。

白髪染めを考えている人の中には、色落ちについて「永久」か、「半永久」かを気にしている人が多くいますが、永久染毛剤と位置づけられているヘアカラーでも、色落ちせずにもつ期間は2-3か月程度。

半永久とされているカラートリートメントでも2週間程度です。

その区分けで言えばカラートリートメントはすべて半永久です。

半永久が2週間程度なんておかしい表記ですが、カラートリートメントは髪の表面をコーティングするだけなので、頭皮や白髪にダメージが少なくおすすめです。

■アレルギー体質の人でも使えることが多い。

白髪用のカラートリートメントは、分類は化粧品であって、ヘアカラーの医薬部外品とは薬効の浸透度合いや薬剤も異なります。

そのため頭皮への浸透が少ない白髪染め用のカラートリートメントは、多くがアレルギー体質の人でも使用できます。

ただし使用前に必ずパッチテストを行なってください。

すべてがOKではありません。

■色落ちまでは3週間程度。

髪が水に濡れてしまったりシャンプーを行なったりすると、その度に色落ちするのが難点ではあります。

半永久染毛料(化粧品)は、ヘアマニキュアやカラーリンスと呼ばれる商品もみな同じ酸性染毛料が配合されています。

「半永久」の期間を問題にするのではなく、仕組みに注目しましょう。

髪や頭皮へのダメージが決定的に少ないのがカラートリートメントです。

シャンプーなどで色落ちしてしまいますが、髪や頭皮への安全を考えると白髪染めにはカラートリートメントです。