白髪染めのスキンケア発想とは?カラートリートメントではダメ?

スキンケア発想という白髪染めやカラーリングの方法が話題になっています。

しかし技法が開発されたのはプロ用で、素人が1人でやるのは困難。

概要をお話しします。

■白髪染め剤ではキレイに染まらない。

悪影響も大きい。

白髪染めに使われるカラートリートメントは、白髪を染めることに重点が置かれていますが、“スキンケア発想”というのは、頭皮や髪を保護することに重点を置きつつ白髪染めなどを行なう方法です。

手間がかかりますがキレイに染まります。

白髪だけではなく、単純に毛染めの方法として人気を集めています。

髪や頭皮を保護できて、安心・安全という側面からです。

■プロ用に開発された手間のかかる手法。

素人では無理。

スキンケア発想の考え方は、「毛髪力の向上・維持」と「髪への栄養補給」という2点にあります。

白髪染め剤にあるような頭皮や髪への刺激を減らして、十分に栄養を行き渡らせようとするものです。

ヘアカラーには違いありませんが、ある意味ではカラートリートメントとしての役割もあり、髪を保護するだけの働きをもたせることもできます。

ただしこの白髪染め手法はプロ用に開発された技法の1つなので、素人が1人で自分の白髪を染めるというのには無理があります。

■髪染めを行う際に、美容室に行ってプロにお願いするのと同じ手間と時間を要するのがスキンケア発想。

別の方法で栄養補給・保護を考えましょう。

結論的に言うとスキンケア発想というのは、カラートリートメントなど白髪染めを行う際に、美容室に行ってプロにお願いするのと同じ程度の手間と時間と技術が必要になります。

キレイに染まるといっても、プロに染めてもらえるなら当たり前の話です。

やり方は割愛しますが、髪の保護や栄養補給なら、栄養剤やトリートメント剤を別に購入して塗布するなど方法はいくらでもあります。

▼関連記事→髪と頭皮をいたわる栄養、コンビニで補う!|東洋経済オンライン

現実的なのでそちらがおすすめです。